「家屋調査」は東洋コンサルへ!

  • 解体工事をするにあたっての注意点
  • こんなときどうする?
  • ご提出する報告書
  • お問い合わせから報告書提出まで
  • よくある質問

解体工事のトラブル防止に、家屋調査

家屋や建物の解体工事に際して、事前に行われる「家屋調査」。現在では官公庁の発注する工事にとどまらず、多くの民間工事においても一般的に行われるようになりました。
サイトでは、工事中・工事後の近隣トラブル防止に大きく貢献する家屋調査について、そのメリットや意義、また「家屋調査は義務か?」「工事開始後に調査しても無駄?」など、誤解されがちな事柄について分かりやすくご説明しています。

家屋調査工事前・工事後の家屋調査なら、当サイトを監修する「株式会社東洋コンサル」にお任せください!

【家屋調査の必要性】

民間工事においても現在多くの家屋調査が行われてきている背景には、解体工事を原因とする近隣家屋や工作物への「被害」「影響」に関するトラブルが後を絶たないため、という実情があります。解体工事中や工事後に「このひび割れは、解体工事のせいでできた損傷だから直してくれ」「いや、これは工事以前からあった損傷のはず」などのトラブルが多々発生するのです。

家屋調査が行っていれば、何らかの問題が発生した場合に近隣家屋の工事前の状態を確認できるため、工事後との比較調査によってその問題が工事による影響であるかどうかを明確にできます。逆に行わなかった場合、工事によってできた損傷かどうか判断がつかなければ話し合いは平行線をたどり、こじれた場合は裁判にも発展しかねません。

一級建築士事務所  第50185号

測量事務所  第(1)-33462号

小さな案件から大きな案件まで、また急ぎの案件についても対応可能ですので、何なりとご相談ください。

  • 株式会社 東洋コンサル
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-32-5 エクセル池ノ上3F
  • TEL:03(3465)5753
  • FAX:03(3465)5741